on 2013年12月23日 by Masamune.Shike in セフレ,

女性がイキやすいBEST3

セックスフレンドと楽しむにも本命のパートナーと楽しむにも、いかに女性をイかせるかというのは男性が常に考えていることだと思います。ここでは、女性が最もイきやすい体位を紹介していきたいと思います。

第一位はバック

女性がもっともイきやすい体位は、バックです。なぜかというと、バックスタイルだと男性器が奥まで入りやすいからです。女性がイくポイントというのは女性器の上の部分、Gスポットと呼ばれるところです。そこに一番あてやすいのが、バックスタイルなのです。
しかもバックだと、他の体位に比べ角度的にいつもよりきつめになります。密着度がアップするので、Gスポットにも当たりやすくなるというわけです。特に少しMっ気のある女性だと、後ろから無理矢理されてる感じに興奮を覚え、体がイきやすい状態になります。ただし、男性器が長い人の場合は、奥まで当たりすぎて痛いと感じる女性もいるので、様子を伺いながら挿入しましょう。

第二位は正常位

一番オーソドックスな体位ですが、これもまた女性がイきやすい体位といえるでしょう。女性器の形と男性器の形が一番しっくりくる体位なので、もちろんGスポットにもうまく男性器が当たりイきやすくなります。男性器のカリの部分が、一番Gスポットに当たりやすいのはこの体位。そして、お互いの表情がよく見える体位でもありますので、それを見ながらだと余計に気持ちが高ぶり、イきやすいのです。

第三位は寝バック

これは、女性がうつぶせ状態で男性が挿入するというもの。バックスタイルから移行させるのも良いでしょう。この体位は、体も性器も密着度が一番高く、男性ももちろん、女性も相当気持ちいい体位です。ただし、男性器が短いとすぐ抜けてしまいうまくいきません。
自分のものにはどの体位が一番合うかをよく考え、いろいろな体位を実践してみましょう。そして、一番わかっておいてほしいことは、女性は誰もがイけるわけではないということ。イきやすい女性もいれば、一生オーガズムを感じることなく終わってしまう女性もいるのです。ですから、女性がイかないからといって落ち込んだりしないで下さい。
女性もイけずに悩んでいるのです。これは体質があって、もともとイくための機能を持ち合わせていない女性も存在しているのです。こればかりは仕方のないことなので、いかにセックスを楽しませてあげるかを考えてあげましょう。決して気持ちよくないわけではないのです、ただイけないだけ。
無理矢理イかせようとあれこれしてしまうと、性器が傷ついてしまうこともありますから、頑張りすぎないようにしましょう。どうしてもイかせたいのであれば、ゆっくり時間をかけて、イきやすい体質を作ってあげましょう。
セックスは二人で楽しむものです。くれぐれも自分本位でセックスをすることだけはやめましょう。